ビラ配りでより多くの人に効率的に配るためには

ほとんどの人は受け取ってくれない

駅前などの人通りが多いところでビラを配ろうとしても、なかなか受け取ってもらえないのが現状です。ティッシュなどのおまけが付いている場合には話は別ではあるのですが、そもそもビラの内容とは無関係な人にとってはゴミにも等しいもので、仮に関係があるとしても配っているビラを積極的に受け取ろうという人は少ないためです。そのために、手当たり次第に渡そうと差し出すのですが、とても効率的だとは言い難いので苦労をすることもあります。

効率的に配るには条件反射を利用する

少しでも多く、そして早く配るためにはコツが必要です。例えば人の条件反射を利用する方法です。道を歩いていて、不意に手元に物を差し出された場合、無意識に受け取ってしまう場合があります。たとえ事前にビラを配っている人がいると認識していなくても、そういった事は十分に起こり得るのです。そのために、ただただビラを差し出すのではなく、通行人の利き腕側に、受け取りやすい高さで差し出すことによって受け取ってもらえる可能性は上がります。

ビラを配る時も笑顔で愛想よく

たとえまったく興味のないビラであろうと、配っている人の愛想が良ければ、思わず受け取ってしまう場合もあるでしょう。そのためにも笑顔でハキハキと声を上げながら、配る姿勢が大切になります。無愛想に嫌々仕事をしているといった姿勢では、通行人も避けてしまいますのでなかなか受け取ってもらえなくなってしまうのです。少しでも多く早く配りたいのであれば、接客業のように愛想よく接していくことが何よりも重要になるのです。

ポスティングは都市圏で多くの仕事があり、徒歩が主な移動手段になりますので体力に自信のある方におすすめです。